癌の講演2017。福岡歯科大学消化器外科 篠原徹雄先生

癌の講演 リレーフォーライフ福岡2017

癌の講演2017写真1

福岡歯科大学 消化器外科 篠原徹雄先生による「がん検診の大切さと治療法について」

篠原先生は、消化器官である「胃」と「大腸」のがんの検診、そして治療法について講演をして下さいました。

ストレス、アルコール、喫煙、遺伝子異常、ピロリ菌、動物性脂肪・・・

私たちの身の回りにはがんの原因となる「悪いもの」が溢れかえっていて、誰がいつがんになっても 不思議ではない社会だと思います。

そこで大切なのが、定期的に検診を受け、がんが小さなうちにできるだけ早く治療をすること。

きちんと検査を受ければ、進行がんは約90%、早期がんは約50%の確率で発見できるそうです。


また、「ステージ1の段階でがんが見つかれば、五年生存率は約90%であり、ステージ5の場合は18.8%にまで下がってしまう」 という結果も出ているようです。

数値としてはっきり知ってしまうと、進行し続けたがんというものが本当に恐ろしいものであると思い知らされます。

私たちの住む福岡県はがん検診受診率が全国平均よりも低いそうで、自分の体や健康についてもっと 関心を持たなければ・・・と身が引き締まる思いがしました。

2016年の胃がんの検診受診率の全国平均は40.9%なので、国民の半分も検診を受けていないということです。

それを下回る受診率というのは、やはり問題であると思いました。

(その後少し気になったので国立がん研究センターによる「がん情報サービス(http://ganjoho.jp/public/index.html)」というサイトにて調べてみたところ、胃がんに限定した場合、 全国でもっとも検診受診率が高いのは山形県、逆に、最も低いのは大阪府でした。)

また、福岡県のがんによる死亡率は47都道府県中34位であり、検診受診率が低いにもかかわらずこの順位であることは、医療水準がとても高いことを 示しているということでした。これには何とも複雑な気持ちにさせられました。


講演の中では、実際の胃がん、大腸がんの検査、手術の動画も紹介されました。

胃カメラの映像を見ながら「ここががんですよ」と説明されても、素人目には正常な部分との差がほとんどと言って良いほどわかりません。

そして、本当に行われた手術の様子はあまりにも現実離れしていて、「怖い」という感情さえ沸き起こりませんでした。

がんが大きくなっていた場合、がんごと胃そのものや一部分を取ってしまうこともあるということは知っていましたが、その光景を見たのは初めてでした。

腹部を切開し、そこから一度胃を取り出し、そしてがんができている部分を切り取り、なんとまたお腹の中に戻すというのです。

こんなに日常からかけ離れた光景なのに、遠い未来には、私の身に起こっていることかもしれない。

もしかするとそれは一年後かもしれない。 そう考えたとき、どうしようもなく恐ろしくなりました。


冒頭で、「がんはいつだれがなってもおかしくない病気」と述べました。

今回の公演は、それをどの段階で発見できるかを決めるのは自分の意識と行動である、ということを強く認識させられる内容でした。

たった一日の検診で、自分の人生が左右されるかもしれない。

発見が遅ければ、一度治療をしたとしてももう長く生きることができないかもしれない。

この危機感を、絶対に忘れてはならないと思います。

癌の講演2017写真2





 - セミナー・イベント報告

  関連記事

no image
「子宮頸がん撲滅に向けて」公開講座に参加しました②
子宮癌についての講演を聞いて改めて検診の受診と若い年代でもワクチンの接種などの …
no image
山田邦子さん乳がん講演 2009年
乳がん早期発見のためのチャリティーイベント 乳がん早期発見のチャリティイベント「 …
no image
ピンクリボン 乳がん啓発活動 福岡
家族の大切さ!ピンクリボン乳がん啓発活動 天神中央公園の芝生広場で行なわれた、 …
no image
乳がんについてもっと知ろう
乳ガン早期発見のためのチャリティーイベント 山田邦子さんの講演後は、トークイベン …
no image
シャボン玉石けんさん「無添加に出会って40周年」の記念イベント
2014年9月・博多にて、シャボン玉せっけんさんの 「無添加に出会って40周年」 …



▲ ページトップに戻る