がん医療の“夢”を実現しよう!RFL福岡2016

がん医療の“夢”を実現しよう! My Oncology Dream

RFL福岡2016がん医療の夢を実現しよう1

福岡市及川病院の及川将弘先生の講演を拝聴しました

及川先生は福岡出身の先生で、2001年長崎大学卒業後、長崎大学腫瘍外科(第一外科)を入局。

その後、長崎の基幹病院をローテートし、2013年に九州がんセンター病院、2015年お父様と一緒に 福岡の乳腺・乳がん専門外来 及川病院をされています。

及川先生は、この度、リレーフォーライフで集めた寄付金でアメリカ・テキサス州にある、 MDアンダーソンがんセンターに行くことになった権威のある方です。

MDアンダーソンがんセンターとは、設立は約60周年を迎えた、癌の治療・研究・教育・予防を専門とする大規模がんセンターです。

及川先生は、このMDアンダーソンがんセンターにて、がんの根治を目指す研究をされるとのことです。

一つのがんの中にも沢山の細胞があり、一方では抗がん剤が効くが、別の細胞には抗がん剤が効かない。 など、さまざまなようです。

それを、一つのがんの中の細胞を細かく調べることによって、一つ一つの細胞に効果的な治療をしてガンの根治を目指す。とのこと。

また、そうすることで、必要な治療と必要でない治療を区別することができ、個別治療の実現につながる。と及川先生はおっしゃっておりました。




ベタベタ?カサカサ? 耳垢の話

その他にも、及川先生から興味深いお話をお聞きすることができました。 それは、耳垢の話です。

人間の耳垢はベタベタとカサカサに分けることができるそうです。

世界的にはベタベタがスタンダードのようですが、地域制、人種差によって分かれているとのこと。

そして、ベタベタしている耳垢が本当の耳垢で、カサカサしているのは耳垢ではなくて皮膚が取れているそうです。

では、なぜこのようにベタベタ派とカサカサ派に分かれているのか?というと、 「ABCC11」という一つの遺伝子の変異によって起こっているということが研究でわかっているそうです。

ちんぷんかんぷんな話ですが、DNAの配列の一部分の並びに変異が起こり、ABCC11タンパク質を持っていない為に 耳垢を作ることができず、カサカサの耳垢になるそうです。

アフリカや欧米はベタベタ派が多いようで、東南アジア、東アジアではカサカサ派が多いようです。

それは、3000年前ぐらいにモンゴロイドで変異が起こり、広がっていることが分かったそうです。

耳垢の話がなんの関係があるの??と思われるかもしれませんが、このABCC11遺伝子を持っている方は特定のがんに なりやすいという研究データーがあるのです。

なんと、カサカサ派よりもベタベタ派の方が統計的には乳がんになりやすいとのことです。

その他にも、被爆をされた方は、被爆をされていない方に比べると、乳がんになる確率が高いということも 教えていただきました。

リレーフォーライフの寄付金により、少しでも患者さんのがんの根治ができればと願うとともに、 自分自身の置かれている環境をしっかりと把握し、がんになりにくい体作りが大切だと感じました。


RFL福岡2016がん医療の夢を実現しよう2


 - セミナー・イベント報告

  関連記事

no image
「子宮頸がん撲滅に向けて」公開講座に参加しました①
2013年10月26日、福岡市の純真学園大学で行なわれた公開講座『子宮頸がん撲滅 …
no image
リレー・フォー・ライフ・ジャパン2015福岡に参加しました
2015 リレー・フォー・ライフ・ジャパン福岡 9月12日(土)11時~9月13 …
no image
癌の講演2017。福岡歯科大学消化器外科 篠原徹雄先生
癌の講演 リレーフォーライフ福岡2017 福岡歯科大学 消化器外科 篠原徹雄先生 …
no image
リレーフォーライフ福岡2014 がん征圧チャリティーに参加しました
2014 リレー・フォー・ライフ・ジャパン福岡 今年も福岡で開催されたリレーフォ …
no image
リレーフォーライフ福岡2017 いのちのHR
いのちのホームルーム NPO法人キャンサーサポート 日本人と癌 罹患率は2人に1 …



▲ ページトップに戻る