ヘアカラーリング剤の危険性?

ヘアカラーリング剤の危険性?


消費者庁には年200件以上の報告がある

自宅でもヘアサロンでも手軽に髪の毛の色を変えたり、白髪を染めたりできるヘアカラーリング剤はとても身近なものですが、実はとても刺激性の強い薬品が配合されています。

この薬品によって皮膚のかぶれやただれ、激しいアレルギー症状を起こす危険性があることはあまり知られていませんが、消費者庁には毎年200件以上の皮膚障害が報告されているそうです。




ジアミン系酸化染料が皮膚障害の原因

皮膚障害を起こす可能性のあるカラーリング剤は「ジアミン系酸化染料」という2剤タイプのものです。配合成分のうちパラフェニレンジアミン 、トルエン-2、メタアミノフェノールなどの薬品が皮膚障害の原因になります。

まず、パッケージに「手袋をして使用するように」と書かれていることからもわかりますが、これらの薬品は強い刺激物質なので、お肌の敏感な方や体調が良くない時などは一度使用しただけで刺激物質接触性の炎症を起こす可能性があります。

また、少しかゆくなったり、赤くなったりする程度の炎症が出た場合にはあまり気にしない方もあるかと思いますが、十分な注意が必要です。


排除しようと免疫機能が働いている

炎症が出ているということは、体の免疫機能がパラフェニレンジアミンなどの刺激性の物質を異物とみなして、排除しようと働いているのです。少しの炎症だからと気にせず、繰り返し使い続けていると、ある時突然免疫機能が過剰に働いて激しいアレルギー症状を起こすことがあります。

ヘアカラーリング剤によるアレルギー症状はとても激しいものです。頭皮から多量の浸出液が出たり、強いかゆみを伴う蕁麻疹が出たり、意識障害まで起こすこともあります。 また、アレルギー症状の出る範囲も頭皮だけでなく全身に及ぶことがあります。

このような皮膚障害を起こさないためには、ヘアカラーリング剤を使う前にパッチテストをすることが大切です。刺激物質は体調によって許容量が大きく変わるので必ずカラーリングする度に毎回テストしてください。

また、一度でも炎症が起きた方はこのタイプのヘアカラーリング剤は使えません。パッチテストをすることも危険ですから避けてください。 もし、カラーリングの後に異常を感じたらすぐに医療機関の診療を受けるようにしましょう。

洗たく洗剤などによる経皮毒の影響が注目されていますが、刺激性の薬品が配合されたヘアカラーリング剤も頭皮から浸透してゆき、経皮毒となります。特に激しいショック症状やアレルギー症状が出るのは、頭皮の毛穴が体の他の部分に比べて大きく、薬剤が体内に浸透しやすいからなのです。

体調が良くない時はカラーリングをしないようにすることはもちろん、お肌の敏感だったりアレルギー体質の方は、酸化染料は使わず体に優しいカラーリング剤を使うようにするなど工夫してカラーリングを楽しみましょう。


ヘアカラーリング剤の危険性について

自宅でもヘアサロンでも手軽に髪の毛の色を変えたり、白髪を染めたりできるヘアカラーリング剤はとても身近なものですが、実はとても刺激性の強い薬品が配合されています。

この薬品によって皮膚のかぶれやただれ、激しいアレルギー症状を起こす危険性があることはあまり知られていませんが、消費者庁には毎年200件以上の皮膚障害が報告されているそうです。

皮膚障害を起こす可能性のあるカラーリング剤は「ジアミン系酸化染料」という2剤タイプのものです。配合成分のうちパラフェニレンジアミン 、トルエン-2、メタアミノフェノールなどの薬品が皮膚障害の原因になります。

まず、パッケージに「手袋をして使用するように」と書かれていることからもわかりますが、これらの薬品は強い刺激物質なので、お肌の敏感な方や体調が良くない時などは一度使用しただけで刺激物質接触性の炎症を起こす可能性があります。

また、少しかゆくなったり、赤くなったりする程度の炎症が出た場合にはあまり気にしない方もあるかと思いますが、十分な注意が必要です。

炎症が出ているということは、体の免疫機能がパラフェニレンジアミンなどの刺激性の物質を異物とみなして、排除しようと働いているのです。少しの炎症だからと気にせず、繰り返し使い続けていると、ある時突然免疫機能が過剰に働いて激しいアレルギー症状を起こすことがあります。


アレルギー症状はとても激しい場合も

ヘアカラーリング剤によるアレルギー症状はとても激しいものです。頭皮から多量の浸出液が出たり、強いかゆみを伴う蕁麻疹が出たり、意識障害まで起こすこともあります。 また、アレルギー症状の出る範囲も頭皮だけでなく全身に及ぶことがあります。

このような皮膚障害を起こさないためには、ヘアカラーリング剤を使う前にパッチテストをすることが大切です。刺激物質は体調によって許容量が大きく変わるので必ずカラーリングする度に毎回テストしてください。また、一度でも炎症が起きた方はこのタイプのヘアカラーリング剤は使えません。パッチテストをすることも危険ですから避けてください。

もし、カラーリングの後に異常を感じたらすぐに医療機関の診療を受けるようにしましょう。

洗たく洗剤などによる経皮毒の影響が注目されていますが、刺激性の薬品が配合されたヘアカラーリング剤も頭皮から浸透してゆき、経皮毒となります。特に激しいショック症状やアレルギー症状が出るのは、頭皮の毛穴が体の他の部分に比べて大きく、薬剤が体内に浸透しやすいからなのです。

体調が良くない時はカラーリングをしないようにすることはもちろん、お肌の敏感だったりアレルギー体質の方は、酸化染料は使わず体に優しいカラーリング剤を使うようにするなど工夫してカラーリングを楽しみましょう。



 - おしゃれ用よくある質問、Q&A , , ,

  関連記事

no image
女性用鬘(かつら)の知識
女性用の鬘には、種類がいろいろあります。 呼称(呼び方)も色々で、「つけ毛」「た …
no image
ウィッグかぶり方
ウィッグかぶり方 ウィッグのかぶり方(ウィッグ装着方法)のご紹介です。 ウィッグ …
no image
分け目とつむじが自然
分け目とつむじが自然 ウィッグの中で、どこが気になりますか? 他人から見られるこ …
no image
女性用かつらの評判
ウィズでは、女性用かつらをお作り頂いたお客様より、 ウィズヘアショップにお越し頂 …
no image
オーダーメイドウィッグお勧め
ウィッグにはご希望にあわせてカスタマイズできるオーダーメイドウィッグとすぐにお渡 …



▲ ページトップに戻る