ウィッグの髪色は変えることができる?

ウィッグの髪の毛の種類には、人毛や人工毛の髪の毛があり、 それぞれ特徴があります。

  人毛ウィッグの場合、複数の色の髪の毛を使用し、1つのウィッグを作成しますので、 毛色の違う髪の毛を1つの均一な毛色のウィッグを作るために、一度脱色を行い、 均一な毛色に染色して作成していきます。  

そのため、一度染色した髪の毛は、明るくすることが困難になります。  

一度染色をした人毛ですので、ご使用の頻度や使い方など、個人差はありますが、 使っていくうちに半年から1年で退色してきます。  

その際には、再度染色することで、もともとの毛色に戻すこともできます。  

また、毛色を明るくすることは困難ですが、カラーチェンジ(色身を変えること)は可能です。  

赤みが気になる方には、マット系の色身。  

黄色みが気になる方には、アッシュ系などの色身を加えることでな気になる色身を打ち消しあい、 ナチュラルなブラウンに染めることができます。  

もちろん、色を重ねることで、もともとの明るさよりもトーンは少し暗く仕上がりますが、カラーチェンジは可能です。  

    そのほかに、人工毛のウィッグは、ナイロン製の髪の毛を使用しているための色を変えることはできません。  

人毛のように、染色を行って作成してしているわけではないため、使っていくうちに退色してしまう。ということはありませんが、 出来上がったウィッグの毛色を暗くしたり明るくしたりすることやカラーチェンジは一切できません。

  人工毛のウィッグで毛色を変えたいという場合は、ウィッグ自体の買い替えをするしかありません。

  もし、人工毛のウィッグをお考えの方は、以上のことを踏まえて慎重にお選びいただければと思います。

    ウィッグの髪の毛の色が違うだけで、装着される方の印象は大きく変わります。

  ウィッグの特徴によって、染色できるウィッグや染色できないウィッグなど、さまざまなウィッグがありますが、 ウィッグの髪の毛の色を選ばれる際は、慎重にお選びいただければと思います。

  ご自身にあった、ぴったりのウィッグをお選びいただき、ウィッグ生活を楽しんでいただければと思います。

暗めのウィッグの髪色
ウィッグ髪型モデル写真045_3
かつら髪型モデル拡大写真
明るめのウィッグの髪色
ウィッグ髪型モデル写真044_2
かつら髪型モデル拡大写真




 - おしゃれ用よくある質問、Q&A ,

  関連記事

no image
正しいウイッグのかぶり方
ウイッグ経験のないがデビューする際に、陥りやすい失敗例で「ウイッグのかぶり方」が …
no image
軽い着け心地のウィッグ
ウィズのウィッグは通気性がよく、軽くて着けていることを忘れてしまうとお客様よりご …
no image
軽いウイッグとは
軽い付け心地のウイッグをお探しの方へ、ウィズのウイッグは「軽い」という特徴があり …
no image
ウィッグにパーマはかけられる?
ウィッグにパーマはかけられる? 毛先にカールをつけたり、トップにふんわり感をだし …
no image
ヘアーウィッグって何?
ヘアーウィッグって何? ウィッグWithのホームページへ訪れて下さる方は、様々な …



▲ ページトップに戻る