c型肝炎治療の副作用のためのかつら

c型肝炎とは、c型肝炎ウイルス(HCV)の感染によって肝臓が炎症をおこす病気です。

c型肝炎ウイルスは血液を介して、感染します。

ウィルスに感染すると慢性肝炎になることがほとんどで、放っておくと病状が進行してしまい、肝硬変を経て高い確率で肝臓癌になります。

慢性肝炎の状態のままでしたら、生命の危険性は低く、継続的な治療に時間がかかることを除けば、健康な人と同じ生活ができます。

しかし、肝臓癌や肝硬変が進行して肝不全を引き起こすと、生命の危険にさらされてしまいます。

c型肝炎の治療は、このような状態にならないようにすることが目標です。

その為には、肝臓の炎症の原因になるウイルスを駆除することが望ましいのですが、不可能な場合は肝臓の炎症を抑えて病気の進行をとどめることが必要になってきます。

c型肝炎の感染経路としては、輸血があげられます。

大きくメディアでも取り上げられた血液製剤のほか、針を変えずに複数の人に注射した予防接種などがあります。

この点からc型肝炎は一般に医原病と考えられています。

c型肝炎の治療では、インターフェロンという薬を投与します。

c型肝炎等の薬害肝炎訴訟の和解案として、国がインターフェロン治療費を助成することでメディアを賑わしたことは記憶に新しいのではないでしょうか。

インターフェロンはウイルスやがん細胞などの病原体や異物が、体内に侵入してくると反応して細胞が分泌する蛋白質です。

ウイルスやがん細胞の増殖を阻止したり、抑え込むなど、免疫や炎症の調整する機能を持っています。

c型肝炎治療やがん治療の夢の特効薬として受け入れられたインターフェロンですが、副作用を伴うことだけは避けられません。

発熱や全身の倦怠感、関節痛は必ず起こるようです。

個人差はありますが、めまいやけいれん、脱毛や鬱という副作用が出る人もいらっしゃいます。

脱毛は、インターフェロン療法が終了しておよそ3ヶ月ほどで回復することが多いようです。

治療の副作用で髪の毛が生えそろうまでの期間は、帽子を被ったりかつらを使われる方もいらっしゃいます。

ウィズでは、医療用かつらも取扱っております。

治療の副作用でかつらをご検討の方は、お気軽にご相談下さいませ。

c型肝炎治療の副作用のためのかつら

 - ウィズの医療用かつらとは , ,

  関連記事

no image
男性医療用ウィッグが芸能人の方にも好評です
男性の医療用ウィッグを必要とされる方は、お急ぎであることが多いです。 突然の脱毛 …
no image
円形脱毛症の抜け毛によるかつら
かつらWithでは、円形脱毛症の抜け毛によりかつらを必要とされるお客様がいらっし …
no image
医療用かつらの口コミ紹介
ウィズでは、実際に医療用かつらをご購入いただいたお客様より、医療用かつらを使用し …
no image
医療用かつらの購入方法
医療用かつらの購入方法は、4パターンあります。 1、ヘアショップにてセミオーダー …
no image
脱毛症でウイックをお考えの方へ
ウィズでは髪にお悩みの多くの方にウイックを提供しお喜びいただいています。 ウイッ …



▲ ページトップに戻る