抜毛症の方のウィッグ

抜毛症(トリコチロマニア)という、病気に悩まれている方がいらっしゃいます。

正常な毛髪を無意識、または意識的に自分で抜いてしまうという症状で、 一種の癖の一つなのですが、ご自身でコントロールするのは難しいようです。

原因は主にストレスや不安、悩みなどがあげられています。

無意識に抜いてしまう方で、症状が軽い場合はご家族が「今抜いているよ!」と 指摘することで治る場合もあるようです。

ただ、ご自身で抜いているという意識があっても、やめられないというケースも あるそうなので難しい病気です。

同じ箇所の毛を抜くことを繰り返すと、毛髪が「もう生えてこなくいいのだ」と 理解して退化?するのか、だんだんと正常が髪が生えにくくなってきます。

そうして抜毛する範囲が広がって、髪のない脱毛範囲も広がっていくケースが あるのです。

抜毛症の方は、もちろん脱毛を希望しているわけではないので、 脱毛の悩みも増えてしまいます。

脱毛範囲が小さい場合は、ご自分の髪で隠すことも可能です。

脱毛範囲が広がってご自分の髪で隠しきれなくなった場合は、ウィッグでカバー する方法もあります。

ウィズのお客様でも、抜毛症の方がいらっしゃいます。

隠し切れなくなったという理由でウィッグを使用される方もいらっしゃいますが、 まだ自分の髪で隠せる範囲ですが、ウィッグを使用しているという方も いらっしゃいます。

理由は、なぜかウィッグを装着すると、抜毛症の症状が収まるからだそうです。

ご自分の髪のままですと、毛を抜いてしまうのですが、ウィッグの上からでは自毛を 抜くことができませんので、ウィッグを着けていると自毛を抜かずに済むそうです。

ウィッグの毛を抜くことはないそうなので、ウィッグを装着して毛を抜かない習慣に 慣れることで症状が治ってくれたら良いな、と願っています。

ご自身で治すことが難しい場合は、精神疾患の一つとして病院での サポートを受けて治療される方もいらっしゃいます。

せっかく健康で正常な髪をお持ちなのですから、抜かないで済む方法が あれば一番良いですよね。

抜毛症の方のウィッグ

 - その他の医療用途で ,

  関連記事

no image
化学療法による抜け毛のためのかつら
化学療法とは、がん細胞の分裂や増殖を抑えて死滅させる治療法です。 化学療法の代表 …
no image
産後の脱毛のためのウィッグ
女性特有の脱毛に、産後脱毛があります。 産後のホルモンバランスの乱れによって、頭 …
no image
出産後の抜け毛対策
出産後に髪が抜ける? 産後脱毛で、ウィズにお問い合わせ頂く女性のお客様が増えてい …
no image
こども用の医療用かつら
こども用の医療用かつらをお探しの方へ。 ウィズでは、小さなこどもさん向けの医療用 …
no image
抜毛症にウィッグ
抜毛症をご存知でしょうか。 抜毛症とは、自分自身で髪の毛を引き抜いたり、髪の毛を …



▲ ページトップに戻る