出産後の抜け毛対策

出産後に髪が抜ける?

産後脱毛で、ウィズにお問い合わせ頂く女性のお客様が増えています。

出産は、女性にとっては人生の一大イベントであり、体には数多くの変化があらわれますし、それはそれは大変なことだと思います。

多くの女性にとって深刻な悩みが、産後の脱毛です。

私どもかつらWithにも、産後脱毛で悩まれている女性の方が結構来られます。

ある企業が行った産後の身体悩みアンケートでも、体重増加の次に産後脱毛が入っていたそうです。

産後脱毛の原因、その改善方法を紹介していたコラムがありましたのでご紹介させて頂きます。

ネタりか~産後の「抜け毛の悩み」がなくなる!今すぐ始めたい良習慣3つ~より


出産後の脱毛の原因とは?

産後脱毛の原因は複数あるそうです。

まず、赤ちゃんに母乳を与えることによって、お母さん自体が栄養不足になることだそうです。

次に、どうしても赤ちゃんにつきっきりになるので、寝不足による体調不良が考えられるようです。

また、生活環境の変化や悩みごと等を抱え込むことによるストレスも脱毛の原因として考えられることのひとつだそうです。

そして、ホルモンバランスを崩してしまい、脱毛してしまうことがあるそうです。

頭皮の血行が悪くなり、充分に栄養が行き渡らなくなることから、脱毛につながるようです。

産後脱毛を改善するためには、手当たり次第に何かを試すことよりも、健康的な生活習慣を心がけることが一番の良薬とのこと。


産後脱毛の改善方法とは

できるだけ早く髪の毛を元に戻すための生活習慣に3つのポイントがあるとのことで、ご紹介させて頂きます。

髪も成長していく体の一部で、体をケアすることが最も大切とのこと。

3つのポイントを意識して毎日続けると、髪にしっかり栄養が行き渡り、抜け毛が少なくなるそうです。

第一のポイントは、「栄養たっぷりの食事を摂るように心がけること」だそうです。

母乳をあげている女性は、体内の栄養バランスが崩れやすくなるため、バランスに考慮して食事を採るように心がけると良いようです。

出産を機に太ってしまったことを気にして、体調を崩す程の行きすぎたダイエットを行うと、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

無理な食事制限はやっちゃいけないとのこと。

第二のポイントは、「可能な限り良質な睡眠をとること」だそうです。

先述のように、赤ちゃんにはつきっきりになるので、多くの方が寝不足になりがちです。

睡眠が足りていないと、血液が体の末端にまで十分に行き届かなくなってしまいます。

できるだけ赤ちゃんに合わせるように、昼間の赤ちゃんが寝ている時に、一緒に仮眠をとったりして、意識して体を休めるようにすることがお奨めだそうです。

第三のポイントは、「ストレスをためずに適度に発散させること」だそうです。

出産後は、どうしてもイライラしやすくなってしまいがち。

これは、ホルモンバランスが乱れることから気分が安定しなくなるとのこと。

イライラしてしまうことは仕方のないことのようですので、自分流の方法でストレスを発散できるようにすることが良いそうです。

家の外に出てストレスを解消したり、同じ環境のママ友を作ったり、趣味の時間を作ったりと自分に合ったストレス解消法でストレスを溜め込まないようにすることが大切のようです。

周りにいる人に悩みや相談をもちかけることも、ストレスを溜め込まない方法のひとつで、一人で抱え込まないようにすることが重要なのかもしれません。

抜け毛や薄毛で悩み始めた時には、手っ取り早く育毛剤等に頼るよりも、自分自身の生活習慣を一から見直してみることだそうです。

生活習慣を可能な限り、バランスよくすることで脱毛が改善される可能性も高いようです。

髪やお肌は、正直に生活習慣が如実に表れます。生活そのものを変えることが改善の近道です。

実践してみると良いのでは?

出産後に脱毛が気になる方は、参考にしてくださいませ。


ウィッグモデルヘア実例集


 - その他の医療用途で

  関連記事

no image
抜毛症 トリコチロマニア
抜毛症 トリコチロマニア 抜毛症というコトバをご存知でしょうか。 抜毛症は「ばつ …
no image
子供の為の医療用ウィッグ
ウィズでは、子供の為の医療用ウィッグも豊富に取り揃えています。 オーダーメイドで …
no image
産後の脱毛のためのウィッグ
女性特有の脱毛に、産後脱毛があります。 産後のホルモンバランスの乱れによって、頭 …
no image
抜毛癖にカツラを活用
自分で、ご自身の髪を抜いてしまう癖を持っている方がいらっしゃいます。 抜毛癖(抜 …
no image
抜毛症の方のウィッグ
抜毛症(トリコチロマニア)という、病気に悩まれている方がいらっしゃいます。 正常 …



▲ ページトップに戻る