抗がん剤治療の副作用にウイッグ

がん治療の3本柱に、手術、放射線治療、抗がん剤の投与があります。

中でも抗がん剤は局部的な治療とは違って、全身のがん細胞に働きかける ことができる為、術後の転移や再発を防いだりする為にも使用されています。

また手術前に投与することにより、病巣を収縮して切除しやすくすることにも 使用されているそうです。

がんを克服する為に必要な治療ですが、どんな治療やお薬にも副作用はつきものです。

抗がん剤はがん細胞など、細胞分裂が活発な細胞に対して攻撃するので、 同じように細胞分裂が活発な毛根細胞にも影響がでて、脱毛という副作用 が表れるのだそうです。

治療は体力や気力的にもとても大変ですが、それ以外にも髪の脱毛という副作用は、 特に女性にとって心に深刻なダメージをもたらします。

抗がん剤投与が終われば1~2ヶ月で髪は生えてきますが、一時期の事と判って いても、髪が元に戻るまでは、心理的に辛い期間になります。

見た目がガラリと変わってしまうとショックが大きいので、脱毛と同時にウイッグを 使用することで、少しでも気持ちが和らげることができると思います。

外出時に人目を気にせずにすんだり、、友人や知人と気を使わずに今まで通りの お付き合いができたりと、ウイッグを使用することのメリットがたくさんあります。

見た目が自然で素敵なヘアスタイルなら、気分よく過ごすことができ、免疫力 アップにも貢献できるのでは、と考えています。

髪が伸びる速さは1ヶ月で約1cm~1.5cm位ですので、生えそろうまでには 半年~1年位かかります。

髪がまったく無い期間だけではなく、少しずつ髪が生えてきている期間にも 活用できるウイッグが良いです。

髪が生えてくると、頭のサイズも大きくなります。また髪がある時と無いときでは、 ウイッグのフィット感が違って感じられます。

伸縮性に富んだベース生地と3箇所のゴムアジャスターで頭を優しく包み込む ように設計された医療用かつらの「メディフィット」なら、髪の増減にも対応で きますので、髪がある時と無い時でも、1つのウイッグでずっと楽しむことが できます。

抗がん剤治療の副作用にウイッグ

 - 抗がん剤治療について , ,

  関連記事

no image
癌患者様に考えられたウイッグ
癌の治療を行うにつれて、もっとも見た目に変化をもたらすのが、脱毛です。 抗がん剤 …
no image
癌治療中の帽子やウィッグについて
抗癌剤治療中のお悩みのひとつである脱毛のケアとして、一番手軽なのが 帽子です。 …
no image
癌治療の抜け毛のためのウィッグ
癌の治療に使われる制癌剤の種類によっては、薬の副作用で髪の毛が抜けてしまうことが …
no image
抗がん剤で脱毛した時のかつら
ウィズでは、抗がん剤の副作用によって脱毛し、かつらをお使いになる患者様が多くご来 …
no image
抗がん剤による脱毛時のかつら
抗がん剤治療による副作用で脱毛が予想される場合、 看護士さんやお医者様よりかつら …



▲ ページトップに戻る