がん患者様のためのkatura

ウィズでは、がん患者様向けのkaturaも取り扱っております。

katuraというと一般的には、中年の男性が薄毛をカバーする目的で使用するものという印象があります。

しかし、実際は男性の年齢層も20代・30代と若い方から70代以上の方まで、幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。

また、男性中心と思われがちですが、女性のお客様も多くいらっしゃいます。

さらに、おしゃれ用途のお客様もいらっしゃいますが、医療用途のお客様も多くいらっしゃいます。

医療用途とは何か?と疑問に思われるかもしれません。

医療用途とは、円形脱毛症や制がん剤治療の副作用や無毛症といった病気の為に髪が抜けてkaturaを必要とされるケースです。

このような医療用途の方は、老若男女を問わず、実はたくさんいらっしゃいます。

ウィズでは、制がん剤といったがん化学療法の副作用にて髪が抜けてしまったがん患者様向けのkaturaも取り扱っております。

がん患者様でkaturaが必要という場合、急な抜け毛の為に急いで必要と、お急ぎのケースが多くあります。

特にがん治療の場合、制がん剤や放射線治療により一気に脱毛する場合が多いのです。

そこで、即日お持ち帰りのできるkatura「メディフィット」をラインナップしています。

「メディフィット」の商品コンセプトは、医療用途としての機能充実、セミオーダーとしての即納対応が可能、そしてオシャレでナチュラルということです。

「メディフィット」は今までWithが培ったノウハウを生かした、オーダーメイド製品に引けを取らないハイクオリティー品質のkaturaです。

がん患者様の、すぐにkaturaが必要という声をもとに、「お役に立ちたい」という思いから開発された医療用katuraです。

実際にご購入いただいた がん患者様からも、「気分が前向きになれた」「外出する元気がでた」などのお喜びのメッセージも多く頂いています。

がん治療の負担に加え、髪が抜けるということは、相当のストレスを感じることかと思います。

多くのがん患者様にお役に立てれば幸いです。

医療ウィッグ 【キュートなショートボブ】

 - 抗がん剤治療について ,

  関連記事

no image
癌患者様に考えられたウイッグ
癌の治療を行うにつれて、もっとも見た目に変化をもたらすのが、脱毛です。 抗がん剤 …
no image
抗癌剤治療の副作用で脱毛が始まっても慌てない!抜け毛対策3大ポイント
【1】脱毛が始まる前にウィッグを準備 抗癌剤の初回投与から、約1~2週間くらいで …
no image
抗がん剤でかつらを準備する
抗がん剤でかつらを用意するタイミングはいつがベスト? 抗がん剤の副作用でかつらを …
no image
抗がん剤治療のウイッグを準備する
抗がん剤治療でウイッグをご準備するタイミングは、できるだけ治療前や脱毛前にウイッ …
no image
放射線療法とは何?脱毛の副作用がある?
放射線治療とは? 放射線療法とは、放射線を用いてがんの治療を行うことです。 放射 …



▲ ページトップに戻る