全国初の医療用ウィッグ購入費補助

山形県では、2014年から抗がん剤治療の副作用による脱毛で悩む患者様向けに、医療用ウィッグ(かつら)の購入費を補助することを決まったそうです。

治療を受けながら社会復帰を目指す患者様を支援することが狙いだそうです。

全国に先駆けて、ウィッグの購入を補助する支援は山形県が初めてとのこと。

抗がん剤治療で脱毛する患者様の多くは、高額な医療費の負担に加え、外見の悩みを一時的にでも解消できる医療用ウィッグの購入を考えるかと思われます。

医療用ウィッグも価格は品質の違いや各社の営業方法の違いから様々で、新品で2万円から、高額なものは50万以上するものもあると言われています。

治療・入院には健康保険が使えるとはいえ、いろいろと出費もかさむので、実際には、ウィッグの購入をためらう人も多いようです。

山形県内では年間約8200人が新たにがんを発症しているというデータがあります。

このうち抗がん剤治療で脱毛症状が起きる患者様は約1100人にものぼるとされ、外見の悩み対策が課題となっていました。

そこで山形県は、市町村と折半して最大1万円を負担する方針で、2014年度予算案に500万円を盛り込みました。

がん治療と仕事の両立に関する山形大の調査によると、がんを患った被雇用者の4人に1人が、発症後に依願退職するか解雇されているそうです。

「治療期間が終わっても脱毛で社会復帰は難しい。ウィッグも高価で非常に困った」との声もあったようです。

山形県健康長寿推進課の長岡静子課長補佐は「男性、女性を問わず、ウィッグが社会復帰の後押しや自信を取り戻すきっかけになればうれしい」と話されておりました。

ウィズの医療用ウィッグは、10万円半ばです。

決して安いウィッグではありませんが、オーダーメイドとほぼ同じ工程で作製しています。

人毛100%で、1本1本総手植え仕上げされた本格派ウィッグです。

種類も豊富で、サイズ、毛色、毛長さを含めると100種類以上にも及びます。

治療前と変わらない自分でいたいと願う患者様のご要望に応えられるウィッグを選ぶなら、ウィズの医療用ウィッグがお勧めです。

山形県にお住みの方なら是非とも補助金を利用されることをお薦めします。

このような医療用ウィッグの補助金制度が全国の自治体でも導入されれば素晴らしいですね。







 - 医療用かつらとは

  関連記事

no image
女性のための医療用かつら
女性のための医療用かつら「メディフィット」は、2007年に開発したのが最初です。 …
no image
ウィズの医療用フルウィッグは人毛100%
ウィズの医療用フルウィッグは人毛100%で作られています。 他社の医療用フルウィ …
no image
つむじや分け目が自然な医療用ウィッグ
医療用ウィッグを使われる方のほとんどは、ウィッグと悟られたくない方が多いです。 …
no image
医療用かつらのブログ
ウィズには多くのお客さんがお越しいただいています。 その大部分はホームページをご …
no image
医療用かつらをオーダー作製
オーダーメイドで作製する医療用かつら セミオーダーだけではなく、オーダーメイドで …



▲ ページトップに戻る