抗がん剤治療の副作用でウィッグが必要な方へ

抗がん剤治療の副作用による抜け毛で、
医療用かつらをお使いの方はたくさんいらっしゃいます。

医療イメージ



抗がん剤治療でウィッグをお考えの方へ

抗がん剤は、がん細胞のように速く増殖する細胞を破壊する特徴があります。 そのため、毛髪のように成長の早い正常な細胞も薬剤の影響を受けてしまうため、脱毛という副作用が生じてしまいます。

病院の先生に抗がん剤治療をすると髪が抜けるかも知れないから医療用かつら (医療用ウィッグ) を作って準備してはどうかと勧められ、私どもかつらウィズにたくさんの方がいらっしゃいます。

ウィズは、お医者様ではありませんので、残念ながら癌や病気を治療することはできません。

しかし、その方にお似合いのイキイキとしたヘアスタイルの医療用かつらによって、副作用による脱毛の精神的なダメージを軽くし、癌との闘病生活に専念するという、前向きなお気持ちのサポートはできると考えています。

「抗がん剤投与後、髪が抜け始めたけれど、医療用かつらがあるから心強かった」
「完治しようと化学療法を受けているときに、ウィッグがあって本当に助かった」
「心のケアのために帽子感覚のカツラは重宝した」

と、お客様より、たくさんのお喜びのお声を頂いています。



抗がん剤治療の場合、全頭カツラをお薦めしています

抗がん剤治療(制ガン剤治療)による脱毛は、薬の種類、強さ、投薬期間により副作用が 千差万別で、個人差が激しく、髪の抜け方を一概に予測できまません。

副作用がさほど無い場合もあれば、髪の毛はもちろん、体毛まで全てぬけてしまったというケースもあります。

※抗がん剤の副作用は、薬剤の種類や投与量によって異なります。詳しくは担当のお医者様へお尋ね下さい。

ウィズでは、髪の毛がすべて抜けてしまった場合を想定して、フルキャップタイプの全頭かつらをお薦めしています。

現状の抜け毛の範囲に合わせてウィッグを選んでしまうと、万が一に副作用が進行した場合、脱毛をカバーできなくなる恐れがあります。

再度もう一個ウィッグを準備しなければならないということが起きないように、全頭かつら(フルウィッグ)をお選び頂く方が無難です。

ウィッグ詳細詳しくは、部分タイプ・全頭タイプの違いをご覧下さい。



抗がん剤治療で初めて医療用かつらをお使いになる方へ

抗癌剤の治療がはじまり、その副作用によって抜け毛の可能性があるという方へは、即日お持ち帰りが可能な医療用かつら 「メディフィット」がお薦めです。

がん化学療法による抜け毛の進行状況は個人差があり、すぐに髪が抜け落ちてしまう方もいらっしゃれば、稀に 全く抜けなかったという方もいらっしゃいます。

「メディフィット」は伸縮性に優れた特殊生地加工を施しており、脱毛から髪の毛が生え揃うまでの期間、 髪の増減にある程度対応できるフィット感を実現しています。

安心して治療に専念できるように、抗がん剤投与の開始前に、医療用ウィッグをご用意されることをお薦め致します。

治療が始まってからでは体調が優れなく、外出することも難しくなることが多いのです。

初めての方でも治療が始まるまでまだ時間がある方や、こだわりのオリジナルのウィッグを作製ご希望の方は、 オーダーメイドで作製してもよいかもしれません。

ウィッグ詳細詳しくは、オーダーメイド作製とセミオーダー購入の違いをご覧下さい。



お急ぎの方はセミオーダー製品がお薦め

ウィズでは、ピッタリフィットするオーダーメードウィッグが一番と考えています。

しかし、抗がん剤の副作用で「すぐにカツラが必要」という患者様にお応えできるよう、即日お引渡し可能な「メディフィット」という、セミオーダーウィッグもご用意しています。

伸縮性のあるストレッチ素材で柔らかく頭を包み込む、医療用途に考えられた軽い付け心地のフルウィッグです。

ご購入方法は、「ヘアショップに来店して即納」「ホームセレクトで通信販売にてご購入」ができます。

「ヘアショップにて即納」の場合は、ウィズヘアショップで、ウィッグを実際に装着していただいた上で、ご希望のスタイルにカットに仕上げして、そのまま着けてお帰り頂けます。

「ホームセレクト」とは、ご自宅で試着をしてご購入可能な通信販売のかつらです。



ご自宅で体感「ホームセレクトシステム」とは

「ホームセレクトシステム」とは、自宅にいながらにしてピッタリの製品を選ぶことができる通信販売システムです。

ご購入候補の、2つの製品をご自宅へお届けします。 「実際に手に取って試着した上で選べる」という、メリットがあり、お薦めです。

詳しくはホームセレクトシステムをご覧下さい。




ぴったりフィットさせたい方はオーダーメイドがお薦め

毎日装着するものだから、フィット感にこだわりたいという方は、オーダーメイドの作製がお勧めです。

お客様の頭の形にあわせてウィッグを作製し、ご要望に合わせてカット仕上げします。

ただし、オーダーメイドウィッグの作製には45日ほど日数かかります。

抗がん剤治療による副作用で髪が抜けてしまってからオーダーメイド作製をスタートするのでは遅い場合があります。

病院のお医者様より治療の予定スケジュールが分かりましたら、お早めにWithへご相談されることをお薦めします。

お客様より、「まだ、(抗がん剤治療開始前で抜け毛がないために)たくさん髪の毛があるのですが、 オーダーメイドで作ることはできますか?」という質問をよく頂きます。 ご安心下さい。オーダーメイドでの作製は可能です。

今ある髪の毛を押さえて、キツメに型取りを行い、その型をベースにしてオーダーメイド作製します。 副作用によって髪が抜けた後でも、快適なフィット感をお約束しますので、ご安心下さい。






 - 医療用かつらを作る理由は? ,

  関連記事

no image
やけどや傷で必要な方へ
やけどや傷をカバーするため、初めて医療かつらをお考えの方 不慮の事故やヤケド等に …
no image
産後脱毛
ホルモンバランスがくずれることから起こる産後脱毛 大変な育児時期の髪の悩みをウィ …
no image
医療ウィッグを作る用途・理由
QOLのための医療ウィッグのご提案 ウィズにご来店頂くお客様のウィッグを使用され …
no image
脱毛症でお悩みの方へ
脱毛症でウィッグをお使いの女性はたくさんいらっしゃいます。 あなた一人だけではあ …
no image
抜毛症
自分で自分の髪の毛を抜いてしまう 抜毛症(ばつもうしょう)とは、自分で自分の髪の …



▲ ページトップに戻る