全身脱毛症(汎発性脱毛症)とは?

汎発性脱毛症とは

汎発性脱毛症 (ばんぱつせいだつもうしょう)とは、円形脱毛症の中でも一番重篤な症状です。

頭部の髪の毛だけでなく、眉毛、睫毛(まつげ)、髭(ひげ)、脇毛、陰毛など、全身の体毛が抜ける場合に、汎発性と診断されるようです。
年齢に関係なく、若い方からご年配の方まで、ウィズのお客様の中にもたくさん汎発性脱毛症の方がいらっしゃいます。
頭部の脱毛が始まってから、一気に全身の毛が抜けてしまった状態、という方が多いようです。



汎発性脱毛症の原因や理由は何?

汎発性脱毛症とは、脱毛の症状を表す名称です。

症状の原因や抜け毛の理由ははっきりとわかっていないのが現状のようです。
全身におよぶ激しい脱毛ですが、他の健康状態には影響がない、というケースが多いようです。



汎発性脱毛症の治療方法は?薬・病院はどうするの?

汎発性脱毛症の原因として、内分泌疾患や自己免疫の異常が隠れているケースも考えられます。

まずは、脱毛外来のある病院で受診されると良いでしょう。
汎発性脱毛症の治療方法には、検査の結果や症状によって異なりますが、服薬や塗り薬・注射等色々の治療があるようです。
脱毛の症状が見られたら、初期の段階で脱毛外来のある病院で診察されることをお薦めします。



汎発性脱毛症は本当に治るの?

なかなか治りにくいと言われている汎発性脱毛症ですが、治る方もいらっしゃいます。

改善の為の対策は、原因と同じく、残念ながら現在のところ、はっきりと確立されていません。
脱毛状態が長引く前に、早めに病院へ受診されることをお勧めします。
何らかのきっかけで脱毛し、髪が生えない状態が続く、いわゆる「毛根の休眠状態」が続くと、症状が長引くケースもあるようです。



汎発性脱毛症の改善策は?

髪の毛の脱毛、頭部をカバーする方法

頭髪の脱毛をカバーするには、医療かつらやウィッグがお薦めになります。
頭部全体をすっぽり覆うフルウィッグ(全かつら)タイプならば、気になる頭部すべてを自然にカバーすることができます。
脱毛症用途で使用されるウィッグのため、わかりやすく「医療用かつら」や「医療用ウィッグ」等の名称で販売されていることが多いです。
日常的にご使用されるのでしたら、より自然に見える人毛100%の髪質のウィッグがお勧めです。
しめつけ感がなく、かつフィットした、ご自身の頭のサイズにぴったり合うウィッグをお選び下さい。
ぴったりフィットしていれば、普段は両面テープなどで固定しなくても大丈夫、という方も多いです。
医療かつら購入の際は、必ず試着をしてフィット感を確認すると良いです。



眉毛・まつ毛の脱毛をカバーする方法

眉毛も脱毛してしまった場合には、アイブロウ(まゆずみ)などで眉をかかれた方がより自然に見えます。

成人された方の中には、アートメイクで眉を書かれている方もおられます。
まつ毛の脱毛には、付けまつげやアイラインを引くことで、まつ毛をカバーして目元を自然に見せることができます。
全身脱毛症(汎発性脱毛症)とは?

 - 医療用かつらを作る理由は? ,

  関連記事

no image
アレルギー(アトピ-)、膠原病、インターフェロンでの治療等
その他いろいろな原因での脱毛 アレルギー(アトピ-)、膠原病、インターフェロンで …
no image
医療ウィッグを作る用途・理由
QOLのための医療ウィッグのご提案 ウィズにご来店頂くお客様のウィッグを使用され …
no image
円形脱毛症による抜け毛でウイッグが必要な方へ
円形脱毛症でウィッグをお使いの方はたくさんいらっしゃいます。 あなた一人だけでは …
no image
抜毛症
自分で自分の髪の毛を抜いてしまう 抜毛症(ばつもうしょう)とは、自分で自分の髪の …
no image
やけどや傷で必要な方へ
やけどや傷をカバーするため、初めて医療かつらをお考えの方 不慮の事故やヤケド等に …



▲ ページトップに戻る