ウィッグのシャンプー方法

シャンプーは、1週間に1回程度がおススメです

ウィッグを毎日ご使用されている方で、シャンプーは基本的に1週間に1回程度おこなって下さい。

夏場や汗をかいた時などは3日に1回程度シャンプーして下さい。



Step1 ブラッシング

ウィッグシャンプー方法01

事前にウィッグをブラッシングし、髪の絡みを梳いておきます。 ウィッグの絡みやホコリを取ります。毛が絡まないように毛先から優しく梳いてください。 ピンが付属されているウィッグの場合は、毛絡みの恐れがあるので、ピンを閉じて下さい。


Step2 ウェット

ウィッグシャンプー方法02

シャンプー前に流水でしっかりと濡らします。毛が絡まらないよう、トップから毛流れに沿って流してください。 水温が高いと汚れが落ちやすいですが、髪やベース布地を傷める恐れがありますので、水で洗髪して下さい。


Step3 桶にシャンプーをいれる

ウィッグシャンプー方法03

桶に水をためシャンプーを2プッシュ(約6mg)入れます。


Step4 泡立て

ウィッグシャンプー方法04

手で泡立てます。シャンプーは、ウィズ推奨シャンプーのような脱脂力の弱い液剤をご使用ください。


Step5 くぐらせ洗い

ウィッグシャンプー方法05

すっとくぐらせるように洗います。髪はゴシゴシと洗うと毛絡みを起こしますので優しく丁寧に洗って下さい。


Step6 毛流れにそって洗う

ウィッグシャンプー方法06

毛流れにそって洗い流します。浸け置き洗いや押し洗いをされると毛絡みの原因となります。ご注意下さい。


Step7 シャンプー(裏面)

ウィッグシャンプー方法07

ウィッグの裏面は指で軽くなでるように洗います。


Step8 すすぎ(表面)

ウィッグシャンプー方法08

ウィッグを流水でしっかりとすすぎます。トップから毛流れに沿うようにすすいでください。シャワーを使うとスムーズに流すことができます。


Step9 すすぎ(裏面)

ウィッグシャンプー方法09

品質の良いシャンプーでも成分が残ると、髪やウィッグによくありませんので、よく洗い流してください。


Step10 水分を絞る

ウィッグシャンプー方法10

髪を軽く握るようにして水分を絞ります。毛絡みを起こしますので、ゴシゴシと拭かないように注意して下さい。


シャンプーの注意事項

シャンプーの注意事項

浸け置き洗いはしないでください。
ウィッグに直接シャンプーの原液を付けないでください。
ごしごし洗わないでください。
水またはぬるま湯を使用してください。
洗濯機の使用は絶対にしないでください。
付属のピンは閉じた状態でシャンプーをしてください。

ウイッグのシャンプー方法6 ウイッグのシャンプー方法9 ウイッグのシャンプー方法1





With推奨シャンプー

Withでは、無香料・無着色の頭皮と同じPHの弱酸性の11種類のハーブエキスが入っている、ウィッグを洗うのに最適なシャンプーをお薦めしています。

【ご注意】
人毛ウィッグ向けの製品になります。人工毛ウィッグ向けではありません。


シャンプー 大
シャンプー
ポンプ入り(大)

900cc
4,800円+税
シャンプー 小
シャンプー
ポンプ入り(小)

400cc
2,400円+税
シャンプー詰替え用
シャンプー
詰め替え用

1,000ml
4,600円+税
トリートメント
トリートメント
チューブ入り

230g
3,000円+税
トリートメント詰替え用
トリートメント
詰め替え用

1,000g
9,000円+税

推奨シャンプーやトリートメントは備品オンラインショップで購入できます。






 - メンテナンス方法

  関連記事

no image
暗い髪色から明るい髪色に染色できる?
暗い色から明るい色に染色できる? 人毛ウィッグの場合、髪色を染めてカラーチェンジ …
no image
夏は皮脂が出るから洗い流さないトリートメントは不要って本当?
トリートメント、コンディショナー、リンス 髪にまつわる噂話で、『夏は皮脂が出るか …
no image
ウィッグのスタイリング方法
ウィッグのセットやスタイリング方法は? ウィッグのセットやスタイリングには、ヘア …
no image
ウィッグのお手入れ方法
大切なウィッグをベストな状態でお使い頂くために、日々のお手入れが大切 毎日のお手 …
no image
月々のメンテナンス方法
ご自身の髪の調整カット ウィッグご購入後も、月々の自毛のカットが必要な方がいらっ …



▲ ページトップに戻る