ウィッグのトリートメント方法

ウィッグのトリートメント方法

シャンプー後はトリートメントをお薦めします。

トリートメントに浸け置きはしないで下さい。

シャンプー後、定期的にトリートメントをすることで、人毛ウィッグの髪を良い状態に保ちましょう。



Step1 トリートメントを溶かす

ウィッグのトリートメント方法01

桶にトリートメントを溶かします。トリートメントは手のひらで伸ばしてから水に溶くとダマになりにくいです。


Step2 くぐらせる

ウィッグのトリートメント方法02

ウィッグ全体にトリートメントが染み渡るようにくぐらせて下さい。


Step3 すすぎ

ウィッグのトリートメント方法03

流水ですっとすすいで下さい。流しすぎるとトリートメントの効果が薄れてしまいます。ご注意ください。


Step4 タオルドライ

ウィッグのトリートメント方法04

タオルで包み込むようにして、水分を取って下さい。
詳しくは、『ウィッグのブロー乾燥・ドライ方法』をご覧ください。


トリートメントの注意事項

ウィッグのトリートメント時の注意事項

トリートメントに浸け置きはしないで下さい。
長時間の浸け置きはウィッグ本体を傷める恐れがあるので、お薦めできません。桶に作ったトリートメント液にウィッグを手短にくぐらせて、トリートメント液がウィッグ全体に染み渡るようにしてください。
タオルで水分を取る時はゴシゴシ拭き取らないで下さい。また、水分を取る際にウィッグを振ったり、回したりしないで下さい。
ゴシゴシすると毛絡みの原因となりウィッグを傷める恐れがあります。タオルで優しく包んで、丁寧にウィッグを扱うことをお薦めします。
水またはぬるま湯を使用して下さい。
お風呂のお湯以上の温度では温度が高すぎて、ウィッグを傷める場合があります。
トリートメントの際は、ウィッグ内面にあるストッパーピンは閉じた状態にして下さい。 付属のピンは閉じた状態でトリートメントして下さい。ピンが開いた状態だと毛絡みの原因となりウィッグを傷める恐れがあります。
タオルドライ後は、ドライヤーで丁寧に乾かした上で、ウィッグ台などに乗せて保管して下さい。
詳しくは、『ウィッグの保管方法』をご覧ください。

ウイッグのシャンプー方法9ウイッグのシャンプー方法10





With推奨シャンプー

Withでは、無香料・無着色の頭皮と同じPHの弱酸性の11種類のハーブエキスが入っている、ウィッグを洗うのに最適なシャンプーをお薦めしています。

【ご注意】
人毛ウィッグ向けの製品になります。人工毛ウィッグ向けではありません。


シャンプー 大
シャンプー
ポンプ入り(大)

900cc
4,800円+税
シャンプー 小
シャンプー
ポンプ入り(小)

400cc
2,400円+税
シャンプー詰替え用
シャンプー
詰め替え用

1,000ml
4,600円+税
トリートメント
トリートメント
チューブ入り

230g
3,000円+税
トリートメント詰替え用
トリートメント
詰め替え用

1,000g
9,000円+税

推奨シャンプーやトリートメントは備品オンラインショップで購入できます。






 - メンテナンス方法 ,

  関連記事

ウィッグのブロー乾燥・ドライ方法
ウィッグのブロー乾燥・ドライ方法
セットは、8割ほど乾いた状態がおススメです 乾かしすぎると髪の毛を傷めてしまいま …
no image
人毛ウィッグの簡単なお手入れ法
人毛ウィッグの簡単なお手入れ法のご案内です ウィッグは消耗品ということをご存知で …
no image
暗い髪色から明るい髪色に染色できる?
暗い色から明るい色に染色できる? 人毛ウィッグの場合、髪色を染めてカラーチェンジ …
no image
夏は皮脂が出るから洗い流さないトリートメントは不要って本当?
トリートメント、コンディショナー、リンス 髪にまつわる噂話で、『夏は皮脂が出るか …
月々のメンテナンス方法
月々のメンテナンス方法
ご自身の髪の調整カット ウィッグご購入後も、月々の自毛のカットが必要な方がいらっ …



▲ ページトップに戻る