ウィッグの保管方法

ウィッグはどうやって保管するの?

ウイッグを長くお使い頂くためにも、ウィッグ台をお薦めします。

形が崩れないようにウィッグ台やスタンドに乗せて、通気性の良い場所に保管して下さい。



ウィッグブロースタイリング方法04


ウィッグの保管方法

ウィッグは、メンテナンス洗髪し、きちんと乾燥させた後、スタイルが崩れないようにウィッグ台に乗せて保管します。

机などの平らな所に直接置いたり、ウイッグ収納ケースに入れて放置しておくと、髪の毛が折れ曲がったり、不自然なクセがつくことがあります。

一度クセがつくと、修正するのが面倒ですし、不慣れな人がすると毛絡みを起こしてしまうこともあります。

そんなことにならないよう、ウィッグ台に乗せて大切に収納することをお薦めします。

専用のウィッグ台を利用すると、 頭の形のように丸いデザインになっているので、不自然なクセがつきません。

また、ウィッグ台ですと通気性も良いので、ウィッグの状態を健康に保つことができます。

ウイッグを長くお使い頂くためにも、ウィッグ台をお薦めします。



ウィッグ保管の注意事項

ウィッグ保管の注意事項

形が崩れないようにウィッグ台等に乗せて通気性の良い場所に保管してください。
長期間使用しない場合には、保管の前に必ずシャンプーをしてきれいな状態で保管してください。
一定期間、使用しない場合でも製品に残留している汚れによって、製品を傷めてしまう場合があります。
良い状態を保つためにも、数か月に1度、シャンプーを行ってください。 詳しくは、『ウィッグのシャンプー方法』をご覧ください。

ウイッグのシャンプー方法4 ウイッグのシャンプー方法9 ウイッグのシャンプー方法10



With推奨ウィッグ台

ウィッグの保存に便利な、ウィッグ台やセット台は備品オンラインショップより通信販売が可能です。

ウィッグセット台(大)
セット台(大)

固定用吸盤付き
高さ35cm
ウィッグセット台(小)
セット台(小)

固定用吸盤付き
高さ20cm
簡易ウィッグ台
簡易ウィッグ台

組み立て式
高さ 35cm
ウィッグ用ヘアブラシ
ヘアブラシ

ウィッグのお手入れ
毛絡み予防に





 - メンテナンス方法

  関連記事

no image
夏は皮脂が出るから洗い流さないトリートメントは不要って本当?
トリートメント、コンディショナー、リンス 髪にまつわる噂話で、『夏は皮脂が出るか …
no image
月々のメンテナンス方法
ご自身の髪の調整カット ウィッグご購入後も、月々の自毛のカットが必要な方がいらっ …
no image
暗い髪色から明るい髪色に染色できる?
暗い色から明るい色に染色できる? 人毛ウィッグの場合、髪色を染めてカラーチェンジ …
no image
ウィッグのトリートメント方法
セットは、8割ほど乾いた状態がおススメです 乾かしすぎると髪の毛を傷めてしまいま …
no image
ウィッグのお手入れ方法
大切なウィッグをベストな状態でお使い頂くために、日々のお手入れが大切 毎日のお手 …



▲ ページトップに戻る